交通事故で後遺症が残った

交通事故で負傷し、後遺症が残ってしまった場合、慰謝料の請求を行なうことが可能です。たとえば、勤務時間中または通勤中に遭った交通事故に関しては、労災または自賠責保険に後遺障害の申請をすることができます。ただし、労災と自賠責保険の両方から保険金を受け取ることはできません。二重取りはできないしくみになっているのです。

後遺障害の申請では、後遺障害の等級が判断され、等級によって受け取れる金額が異なります。労災の場合、後遺症部分の労災保険金を受け取るため、労基署に対して請求書と診断書を提出することで申請を行ないます。一方、自賠責保険の場合には、自賠責保険に対して後遺障害の申請をする形になります。労災の場合の認定機関は労基署、自賠責保険の場合の認定機関は損害保険料率算出機構です。後遺障害の認定基準に関しては、労災も自賠責保険も共通しており、どちらに申請を行なったとしても結果に違いが出ることは少ないです。労災保険の場合は労基署に必要書類を提出するという、1パターンしかないのに対し、自賠責保険では事前認定と被害者請求という、2パターンの申請方法があります。

このサイトでは、自賠責保険に対して後遺障害の申請を行なう場合の、事前認定と被害者請求の特徴を解説するとともに、弁護士に相談するとどういったメリットがあるのかについても取り上げます。交通事故被害に遭い、後遺症が残ってしまった場合にどういう解決方法があるのか知りたい方は、別のページの内容もご確認ください。