弁護士に相談するメリット

自賠責保険に対する後遺障害の申請は、自賠責保険金の金額に影響をおよぼすほか、加害者サイドの任意保険会社とのやりとりによる示談金の額、裁判をした際の賠償金の額にまで影響をおよぼします。被害者請求のほうが有利な書類をそろえることができる分、認定結果は被害者に有利になりやすいものの、手続きが複雑で自力では困難です。後遺障害の申請は、弁護士のサポートが欠かせません。

後遺障害の申請では、後遺障害診断書が認定を受ける上で一番重要です。弁護士の介入があると後遺障害の認定を取得しやすくなります。また、被害者請求では被害者にとって有利な資料を集めて申請を行なってくれるほか、事前認定で納得のいかない結果が出た場合には異議申し立てをしてくれます。

弁護士選びのポイントに関してですが、多くの人が気になるのは弁護士費用のことではないでしょうか。この点に関しては弁護士費用特約が保険に付帯していれば、費用倒れになってしまう可能性は低くなります。使えない場合も、弁護士が介入するべきかどうかの適切な判断をしてくれるので安心です。相談が無料、着手金が無料、弁護士費用は賠償金を受け取ったあとの後払い制であればよりよいでしょう。そしてさらに交通事故問題を得意としている弁護士であることが理想的です。

後遺障害の申請方法

車の運転免許を持っている人はご存知でしょうが、法律で自賠責保険に入る必要があります。交通事故で被害に遭ってしまった場合、加害者が入っている自賠責保険に対し、必要最低限の補償を求めることが可能です。交通事故で被害に遭ってしまった人が、自賠責保険から後遺障害部分の保険金を受け取るためには、後遺障害等級の認定を受けるための申請を行なわなければいけません。申請のしかたは事前認定と被害者請求があります。

事前認定は、被害者が後遺障害診断書を保険会社の担当者に提出するだけで、あとのことはすべて保険会社が済ませてくれる方法です。やることがひとつしかないぶん、手間がかからず簡単ではあるものの、加害者側の保険会社が担当することになり、支払う額を少なくしようと動くきらいがあるため、被害者側にとって認定結果が不利なものになってしまうことも少なくありません。

一方、被害者請求は、被害者自身が自賠責保険に対して申請を行なう方法です。被害者自身が作成した請求書に、被害者にとって有利な資料を添えて申請を行なうことが可能であり、よりよい認定結果が出やすいのがメリットです。しかし、手続きが複雑で、自分だけで行なうのは困難というデメリットがあります。